『オーガニッ・倶楽部』

仙台在中の「日本オーガニック推進協議会」のオーガニックコーディネーター仲間3人で結成!
オーガニックを愛する3人が、楽しく・正しいオーガニックを広めていくことをコンセプトに自分たちが行ってみたい所やトライしてみたい事を、楽しんで伝えて行く倶楽部です!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 謹んで震災のお見舞いを申し上げます | main | オープニングセミナーのご案内 >>

主婦の底力(下水道編)


近所の桜ふぶきがとてもきれいです 



先の東日本大震災で、宮城県内の7か所の浄化センターが甚大な被害を受け、

その内、3施設は機能を失っていて、復旧は2年後だそうです。

七北田川以北の我が家は、仙塩浄化センターにお世話になっており

(今回のことがあって初めて知りました)、3施設の1つです。

宮城県のHPによると、

応急処置として、一次沈殿池に溜め、上澄み液の塩素消毒のみで砂押川へ流したり、

七北田川に緊急放流のため、沈殿池が設置され簡易処理で応急対応をしているそう


本来なら、時間をかけて微生物を利用した生物的処理を行い、

魚の住める水に浄化され川へ放流されているはず。



魚の住める水質にするため必要な水の量を風呂桶(300L)で表すと

しょうゆ(15ml)・・・1.5杯
米のとぎ汁(2 l)・・・4杯
マヨネーズ(10ml)・・・4.7杯
生ビール(200ml)・・・11杯     

だそうで、驚きです



町内の回覧にもありました。

・お風呂の水の有効活用(洗濯、庭木、トイレ

・洗剤を使いすぎない。

・トイレットペーパーは流さず、家庭ごみへ。



その他に、我が家で実践していることは

・外出着と、内着をこまめに着替え、洗濯物を減らす。
(ちょうど衣替えの時期、破棄するものをとことん着たら雑巾用にカットする)

・休み前日は、風呂はお休み。

・シャンプーは各自(18〜78歳と6人の幅があるので)効率を考えて。

・食器は、水を溜めて予洗いし、すすぎだけ流水。
(3時間並んで制限付きの水くみの経験を忘れないで)

・汚れのひどいものはハギレや新聞紙でこそげてから、アクリルたわしで。

・洗う鍋を減らすよう調理の順番や、ワンプレートになるメニューを考える。

・汁物や、煮物は一品で満足できるように具だくさんに。


できること、続けます。



                    れんげそうでした
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://orgnic-love.jugem.jp/trackback/47
この記事に対するトラックバック