『オーガニッ・倶楽部』

仙台在中の「日本オーガニック推進協議会」のオーガニックコーディネーター仲間3人で結成!
オーガニックを愛する3人が、楽しく・正しいオーガニックを広めていくことをコンセプトに自分たちが行ってみたい所やトライしてみたい事を、楽しんで伝えて行く倶楽部です!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 皆の元気は食べ物から | main | 元気な土壌で育った威力か! >>

環境汚染の半径○○メートルへの疑問

 

今日は、日本テレビの ザ!鉄腕!DASH!!からのお話です。

「道草を食いながらどこまで行けるか?」で、

道産子の馬の道子が、


道草を食べようと立ち止っていたのになかなか食べない??


そこは道路の向かい側に、石材の山がありました。   


人間の見た目では分からなくとも


馬の嗅覚
(*)は人間の1000倍あるそうで、


石の粉が付いていることを察知し、避けたらしいのです。


少し先の同じような草を美味しそうに食べていました。  


 


石の粉?は風向きによって微妙に付き方が違うのでしょうから、


石の山から、半径何メートルのところが安全とは言えないのです。


道子は、嗅覚により、自分の身は自分で守ることができました。


しかし、人間はそうはいきません。


 


そういえば、蜂の行動範囲は 


日本みつばちは半径2km、


西洋みつばちは半径3kmあるらしいのですが、


EU指令では、オーガニックハチミツの規格の条件に、


高速道路やごみ焼却場      
  


などが、養蜂所施設の3km以内にあれば認定されない。 

と、いうものがあります。

 


狭い日本では、この条件に満たされるものはなかなかありません。


みつばちや馬の嗅覚を例にしましたが、 


環境汚染に半径○○メートル以外なら安全とは、


決して言えないということですね。

 

 

*)馬の嗅覚:とても鋭く、主嗅覚器系、副嗅覚器系の独立した2つのシステムで受容。


        舌にある味蕾も匂いを感じることが出来る。

 

                            れんげそうでした

- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://orgnic-love.jugem.jp/trackback/53
この記事に対するトラックバック